BOSCO DE PADOVA
ボスコ  デ パドヴァ

イタリア半島ブーツのヒール部分、プーリア州ターラントのアヴェトラーナに、コオペラティーヴォ ボスコ デ パドヴァ(ボスコ農業協同組合)があります。地場品種プリミティーヴォ マンドューリアを中心にまさに”南”を彷彿とさせる濃密なワインを造っています。畑は粘土質土壌の低い標高、その名もマンドゥーリア周辺にあり、グループ(グルッポ デ パドヴァ)としてオリーヴの栽培をし、エキストラ ヴァージン オリーヴ オイルの生産も盛んに行っています。

 ターラント 
 デ パドヴァ氏 
 セラー 
 畑 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ボスコ  デ パドヴァのワイン
(プリミティーヴォと共に)プーリア州を代表する葡萄ネグロアマーロ100%。甘く漂う魅惑的な香りですが、しっかりとした辛口。
¥2,900(税抜)
ギリシャ神話の英雄テセウス(テセオ)。アルコールの度数も高いスパイシーなフルボディ。お肉料理にピッタリの赤です。
¥2,900(税抜)
古代ギリシャの叙情詩人ピンダロス(ピンダロ)の名を持つ甘口赤(自然のままに葡萄を育て、遅摘みして糖度を高め、アンフォラで熟成させています。)
¥3,300(税抜)
NONNO(お爺ちゃん)。ラベルにはベレー帽が描かれています。濃厚な辛口の赤です。とにかくパワフルなお爺ちゃんです。
¥4,200(税抜)
NONNA(お祖母ちゃん)。ラベルには可愛い編みこんだ髪の絵。パッシートでは無く”自然な”極甘口のチャーミングな赤です。
¥4,900(税抜)
濃厚濃密過ぎないプーリアの赤。カラヴァッジョの描いたバッカスに握られたグラスと四行詩集のラベル。
¥2,900(税抜)