TEA SALENTO ROSATO
テア サレント ロザート
❤通称❤  ティーロゼ
ほのかな渋味と心地よい苦味。サンマの塩焼きにピッタリ。ネグロアマーロが9割の力強いロゼです。

力強いロゼです。このロゼを味わえば、ロゼは白と赤の中間、中途半端な存在とは思えなくなります。サンマを焼いて内臓の苦さと醤油の風味をピッタリ楽しませてくれるロゼです。濃い桜色でサーモンピンクを帯びています。薄めのピノ ノワールの色と表現したら語弊があるでしょうか。干したアンズやルビーグレープフルーツの香りがします。ほのかな渋味と心地よい苦味が特長。しっかり冷やしてこそ味わいが深くなるロゼ。イタリア各地でロゼが造られていますが、このロゼは個性的な一品です。お薦めです。名称はギリシャ神話からではなく、お茶のティーTEA?。"ROSA TEA"のことで、これは直訳してローズ茶、薔薇茶という意味ではなく、"バラの花の種類”のこと。18世紀から19世紀にかけて中国の園芸品種が欧州に大量に伝わり、バラもそのひとつで、交配を重ねて新しい品種群(これが”ROSA TEA”。)ができたそうです。プーリア州にも多くの種類の”ROSA TEA”が栽培されていて、花の色の濃い種類などが正にボスコ・ワイナリーのロゼの色に近いということで、この名称になったとのことです。ラベルのバラの絵は現代作家の作品からの引用。

このワイナリーの他のワイン
(プリミティーヴォと共に)プーリア州を代表する葡萄ネグロアマーロ100%。甘く漂う魅惑的な香りですが、しっかりとした辛口。
お問い合わせください
濃厚濃密過ぎないプーリアの赤。カラヴァッジョの描いたバッカスに握られたグラスと四行詩集のラベル。
お問い合わせください
古代ギリシャの叙情詩人ピンダロス(ピンダロ)の名を持つ甘口赤(自然のままに葡萄を育て、遅摘みして糖度を高め、アンフォラで熟成させています。)
お問い合わせください
NONNO(お爺ちゃん)。ラベルにはベレー帽が描かれています。濃厚な辛口の赤です。とにかくパワフルなお爺ちゃんです。
¥4,200(税抜)
NONNA(お祖母ちゃん)。ラベルには可愛い編みこんだ髪の絵。パッシートでは無く”自然な”極甘口のチャーミングな赤です。
¥4,900(税抜)
力強くしっかりと、それでいて爽やかな辛口の白です。ERA(エラ)とはギリシャ神話の女神、結婚生活を保護する神。
お問い合わせください
ギリシャ神話の英雄テセウス(テセオ)。アルコールの度数も高いスパイシーなフルボディ。お肉料理にピッタリの赤です。
お問い合わせください
ワイン名 テア サレント ロザート
通称 ティーロゼ
造り手 ボスコ  デ パドヴァ
葡萄品種 ネグロアマーロ 90%,マルヴァジーア ネーラ10%
原産国 イタリア
地方 プーリア州 ターラント県
ヴィンテージ 2014
種類 ロゼ
味のタイプ 辛口
格付 IGP
容量 750ml
アルコール度数 13%
飲み頃温度 9~11℃
商品番号 W-I-BOSC-0714
価格
お問い合わせください
おすすめの一品
和食風
サンマの塩焼き
洋食風
野菜とベーコンのグラタン
中華風
牛肉の黒コショウ風炒め
チーズ
リコッタ(羊・フレッシュ)
レストランメニュー・郷土料理
ブラーチェ(グリル)
味わいチャート
甘辛具合











       
酸味の具合























       
味の濃さ