CORNIOLO MONFERRATO ROSSO
コルニオーロ モンフェッラート ロッソ
❤通称❤  コルニオーロ
リヴィオ パヴェーゼ社のスーパー ピエモンテ、コルニオーロ。バルベーラ種とカベルネ ソーヴィニヨン種、これにメルロ種が加わったことで独特の”丸み”がおび、ほど良い酸味も感じられる重厚な赤に仕上がっています。

ファースト ヴィンテージは2009年。ワイナリーにとっては最も新しくラインアップに加わった銘柄となります。1985年にリリースされ大反響となった“モンタルッコ”が地場品種であるバルベーラ種を主体にしているのに対して、このコルニオーロに使われるブドウ品種はバルベーラ種40%とカベルネ ソーヴィニョン種30%とメルロ30%。3品種がほぼ同じ程度にブレンドされています。現当主セルジョ氏の説明では「伝統的な地場品種のバルベーラ種の持ち味を発揮しながらも、既にモンタルッコで成功していたカベルネ ソーヴィニヨン種に新たにメルロ種を加えることで、国際的なトップ水準のワイン、言わばスーパーピエモンテと称されワインの姿を念頭に置いて造ったのがコルニオーロです。」ということになりますが、肉厚で引きしまった味わいは既に国際的な評価を得ています。 標高320メートルほどのモンフェッラートにあるトレヴィッレの丘陵地の畑は、粘土質でブドウの樹齢は10~25年程度、栽培方法は垣仕立(ギヨー)。収穫量は1haあたり62hl、収穫時期は9月中旬、手摘みで行われています。醗酵期間は16~20日間程度。醗酵後、メルロはステンレスタンクで熟成され、バルベーラとカベルネ ソーヴィニヨンは大小のそれぞれ異なった木樽での樽熟成が行われます。熟成期間が終わった時点で3品種をブレンドしボトリングとなります。年間生産本数55,000本。一般的に収穫年から4~5年で飲みごろを迎えますが、ベストの飲みごろは、収穫年から8年から10年。 色はルビー レッド、香りは強く、フルーティで熟した果実をイメージさせます。辛口でフル ボディな味わいは、丸みをおび、赤い小さな果実やチェリーの味わい。白身、赤身、両方の肉料理全般、チーズに合います。

このワイナリーの他のワイン
包容力のある、抑えの利いた大人の甘さ(果実味)で満ち溢れています。ワインの色はレンガ色。大樽で仕上げたリヴィオ パヴェーゼ ワイナリーの一本筋の通ったバルバレスコです。
¥6,800(税抜)
軽過ぎず、酸っぱ過ぎず、飲みごたえもあるバルベーラ モンフェッラートです。ほど良い、抑えられた酸味が、多様な料理と合っていきます。
¥3,400(税抜)
ワイン名 コルニオーロ モンフェッラート ロッソ
通称 コルニオーロ
造り手 リヴィオ パヴェーゼ
葡萄品種 バルベーラ40%、カベルネ ソーヴィニヨン30%、メルロ30%
原産国 イタリア
地方 ピエモンテ州 アレッサンドリア県
ヴィンテージ 2011
種類
味のタイプ 辛口
格付 DOC
容量 750ml
アルコール度数 14.0%
飲み頃温度 18~20℃
商品番号 W-I-LIVO-0211
価格
¥3,500(税抜)
<<¥3,780(税込)>>
おすすめの一品
和食風
鴨の味噌だれ焼き
洋食風
アジフライ(トマトソース)
中華風
おこげの五目あんかけ
チーズ
ブラ ドゥーロ(牛主体)
レストランメニュー・郷土料理
アニョロッティ(ラビオリ)
味わいチャート
甘辛具合











       
渋味の具合

















       
ボディ